コールサイン【JL1JVT】局の導入事例

ハムフェアで即購入に至った【JL1JVT】局のRRS-101導入事例

HAMSTAR RRS-101 使用レポート

私がRRS-101と巡り合ったのはHAMSTAR社の田渕さん(JG1BVX)の個人ブログ「二子玉日記」を拝見していたときです。

「RRS-101 試作2号機完成!」というタイトルで無線機をリモートコントロールできるセットトップボックス型のシステムだとのこと。
日頃、リビングにいる時間が多い私は「無線がここで聞けたら良いのになぁ」と思っていましたので「コレだ!」と、発売になったら知らせて欲しい 旨のブログコメントを書き込みました。

後日、連絡があり2014年のハムフェアで発売するとのことでした。

早速、ハムフェア当日HAMSTAE社のブースに行き、説明も何も聞かずに即RRS-101を買い求めました。
お伺いしたところ私が成約第1号だったそうです。

製品が到着し、セットアップして無線LANをつないだパソコンで操作してみるとちゃんと聞こえます(当り前ですが)。
画面もなかなかすっきりしていて操作も分かり易くこれは良いなと思いました。

実は最初は簡単に使えたのですが、ちょっと設定をやり直して再度使おうとしたところ、うまく動かなくてHAMSTAR社のサポートの方にお世話になってしまいました。 サポートの方には大変に親切、丁寧にご対応頂き助かりました(原因は利用しているインターネット回線業者のIPv6というサービスの設定だったのですが)。

その後、無線局の変更届も済み、手軽に使えるようにとタブレット端末を揃え、無線LANを使ってリビングで、或いはiPhoneのテザリングを使ってインターネット接続で 外出先から更新を楽しんでいます。
インターネット回線を経由しているため、ちょっと声が遅れますので応答の際一拍置いた感じになりますが、慣れれば問題ありません。

リモート運用も一般的になったかと思っていましたが、実際にQRVされている方はそう多くはない様で、相手局にリモートだと伝えると結構興味を持って頂いてます。
不思議なものでリグの前だとなんとなくかしこまってしまうのですが、タブレットで話していると結構リラックスしてしゃべることができます。
この手軽さを覚えるともう手放せません。
良い製品を購入したと満足しております。(JL1JVT)

ユーザーのご意志を尊重し、原文のまま掲載させて頂きました。